論文誌
[1] Anakorn jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, "Good Or Bad Committers? - a Case Study of Committers Activities on the Eclipses Bug Fixing Process," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E95-D, number 9, pages 2202--2210, September 2012.
[2] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, 鵜林 尚靖, "OSSプロジェクトにおける開発者の活動量を用いたコミッター候補者予測," 電子情報通信学会論文誌, volume J95-D, number 2, pages 237--249, 2012年2月.
国際会議
[1] Masao Ohira and Hayato Yoshiyuki, "A New Perspective on the Socialness in Bug Triaging: a Case Study of the Eclipse Platform Project," In Proceedings of 5th International Workshop on Social Software Engineering, pages 29--32, August 2013.
国内会議(査読付き)
[1] 福井 克法, 大平 雅雄, "E-mailデータマイニングに基づく適任開発者の推薦手法の検討," 第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2017), pages 239-240, 2017年12月.
[2] 金城 清史, 大平 雅雄 , "コミッター候補者予測におけるOSSプロジェクトの開放性に関する考察," 情報処理学会シンポジウムシリーズ, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗, volume 2014, pages 33--34, 2014年1月.
研究会・全国大会等
[1] 山崎 大輝, 大平 雅雄, 伊原 彰紀, 柏祐太郎, 宮崎 智己, "開発者の活動量の経時的変化がコミッター候補者予測に与える影響の分析," 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, volume 118, number 137, pages 19-24, 2018年7月.
[2] 金城 清史, 山谷 陽亮, 大平 雅雄, "コミッター選出のためのプロジェクトメトリクスに関する定量的評価," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム論文集, pages 926--933, 2014年7月.