解説
[1] 大平 雅雄, イェ ユンウェン, 中小路 久美代, 山本 恭裕, "ソフトウェア開発における知識コラボレーション," 人工知能学会誌, volume 26, number 1, pages 66--78, 2011年1月.
論文誌
[1] 宮崎 智己, 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 東 裕之輔, 山谷 陽亮, "OSSコミュニティにおける 開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析," 情報処理学会論文誌, volume 59, number 1, 採録済1月.
[2] 鶴田 雅明, 大平 雅雄, 門田 暁人, 松本 健一, "ソフトウェアテストにおける静的解析ツールの段階的適用による不具合修正工数の更なる低減 ―民生用音響・映像機器向け組み込みソフトウェア開発へのQACの段階的適用と その実証評価―," 情報社会学会誌, volume 11, number 1, pages 5--16, 2016年6月.
[3] 吉行 勇人, 大平 雅雄, 戸田 航史, "OSS開発における管理者と修正者の社会的関係を考慮した不具合修正時間予測," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 2, pages 128--134, 2015年6月.
[4] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[5] 大平 雅雄, 伊原 彰紀, 中野 大輔, 松本 健一, "ソフトウェア品質の第三者評価における探索的データ解析ツールの利用とその効果:OSSデータを対象とした検証実験," SEC Journal, volume 10, number 1, pages 24--31, 2014年3月.
[6] Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, and Ken-ichi Matsumoto, "Studying Re-Opened Bugs in Open Source Software," Empirical Software Engineering, volume 18, number 5, pages 1005--1042, October 2013.
[7] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, 鵜林 尚靖, "OSSプロジェクトにおける開発者の活動量を用いたコミッター候補者予測," 電子情報通信学会論文誌, volume J95-D, number 2, pages 237--249, 2012年2月.
国際会議
[1] Masao Ohira, Hayato Yoshiyuki, and Yosuke Yamatani, "A Case Study of the Misclassification of Performance Reports in an Issue Tracking System," In Proceedings of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016), pages 855-860, June 2016.
[2] Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi, and Kenichi Matsumoto, "Early Identification of Future Committers in Open Source Software Projects," In Proceedings of the 14th International Conference on Quality Software (QSIC2014), pages 47--56, October 2014.
[3] Yutaro Kashiwa, Hayato Yoshiyuki, Yusuke Kukita, and Masao Ohira, "A Pilot Study of Diversity in High Impact Bugs," In Proceedings of 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2014), pages 536--540, September 2014.
[4] Masao Ohira and Hayato Yoshiyuki, "A New Perspective on the Socialness in Bug Triaging: a Case Study of the Eclipse Platform Project," In Proceedings of 5th International Workshop on Social Software Engineering, pages 29--32, August 2013.
招待講演
[1] Masao Ohira, "Bigdata Analysis and Repository Mining in Software Engineering," ES-CAPE3 WORKSHOP: ES-CAPE: Envisioning a System for Curated, Accumulated and Public Engagements, November 2015.
国内会議(査読付き)
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[2] 金城 清史, 大平 雅雄 , "コミッター候補者予測におけるOSSプロジェクトの開放性に関する考察," 情報処理学会シンポジウムシリーズ, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗, volume 2014, pages 33--34, 2014年1月.
表彰・受賞
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[2] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
研究会・全国大会等
[1] 金城 清史, 山谷 陽亮, 大平 雅雄, "コミッター選出のためのプロジェクトメトリクスに関する定量的評価," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム論文集, pages 926--933, 2014年7月.