論文誌
[1] 宮崎 智己, 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 東 裕之輔, 山谷 陽亮, "OSSコミュニティにおける 開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析," 情報処理学会論文誌, volume 59, number 1, 採録済1月.
[2] 鶴田 雅明, 大平 雅雄, 門田 暁人, 松本 健一, "ソフトウェアテストにおける静的解析ツールの段階的適用による不具合修正工数の更なる低減 ―民生用音響・映像機器向け組み込みソフトウェア開発へのQACの段階的適用と その実証評価―," 情報社会学会誌, volume 11, number 1, pages 5--16, 2016年6月.
[3] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[4] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 1, pages 59--71, 2015年1月.
[5] Papon Yongpisanpop, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, "Adaptive Search Framework: Better Search Result for Community," Journal of The Infosocionomics Society, volume 8, number 2, pages 29--43, March 2014.
国際会議
[1] Yosuke Yamatani and Masao Ohira, "An Exploratory Analysis for Studying Software Evolution: Time-Delayed Correlation Analysis," In Proceedings of 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), pages 13--18, November 2014.
国内会議(査読付き)
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[2] 金城 清史, 大平 雅雄 , "コミッター候補者予測におけるOSSプロジェクトの開放性に関する考察," 情報処理学会シンポジウムシリーズ, ウィンターワークショップ2014・イン・大洗, volume 2014, pages 33--34, 2014年1月.
表彰・受賞
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[2] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[3] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
[4] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
研究会・全国大会等
[1] 金城 清史, 山谷 陽亮, 大平 雅雄, "コミッター選出のためのプロジェクトメトリクスに関する定量的評価," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2014) シンポジウム論文集, pages 926--933, 2014年7月.
[2] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
著書
[1] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, A Time-Lag Analysis for Improving Communication among Oss Developers, Springer-Verlag, 2010.