論文誌
[1] 吉行 勇人, 大平 雅雄, 戸田 航史, "OSS開発における管理者と修正者の社会的関係を考慮した不具合修正時間予測," コンピュータソフトウェア, volume 32, number 2, pages 128--134, 2015年6月.
[2] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 1, pages 59--71, 2015年1月.
国際会議
[1] Yusuke Kukita, Kojiro Noguchi, and Masao Ohira, "Code Clone Tracer (Cct): a Tracking Tool for Analyzing Human and Social Factors in Creating and Reusing Code Clones," In 20th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2019), pages 519--524, July 2019.
[2] Yutaro Kashiwa, Akinori Ihara, and Masao Ohira, "What Are the Perception Gaps between Floss Developers and Se Researchers?," In The 15th International Conference on Open Source Systems, pages 44-57, May 2019.
招待講演
[1] Masao Ohira, "Bigdata Analysis and Repository Mining in Software Engineering," ES-CAPE3 WORKSHOP: ES-CAPE: Envisioning a System for Curated, Accumulated and Public Engagements, November 2015.
表彰・受賞
[1] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
[2] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
研究会・全国大会等
[1] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
テクニカルレポート
[1] Masao Ohira, Reishi Yokomori, Makoto Sakai, Katsuro Inoue, Ken-ichi Matsumoto, and Koji Torii, "Empirical Software Engineering Platform and Empirical Project Monitor," EASE Labolatory, 2003.