論文誌
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[2] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 1, pages 59--71, 2015年1月.
[3] 大平 雅雄, 伊原 彰紀, 中野 大輔, 松本 健一, "ソフトウェア品質の第三者評価における探索的データ解析ツールの利用とその効果:OSSデータを対象とした検証実験," SEC Journal, volume 10, number 1, pages 24--31, 2014年3月.
[4] Anakorn jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, "Good Or Bad Committers? - a Case Study of Committers Activities on the Eclipses Bug Fixing Process," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E95-D, number 9, pages 2202--2210, September 2012.
[5] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, 鵜林 尚靖, "OSSプロジェクトにおける開発者の活動量を用いたコミッター候補者予測," 電子情報通信学会論文誌, volume J95-D, number 2, pages 237--249, 2012年2月.
国際会議
[1] Masao Ohira, Hayato Yoshiyuki, and Yosuke Yamatani, "A Case Study of the Misclassification of Performance Reports in an Issue Tracking System," In Proceedings of 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016), June 2016.
[2] Masao Ohira, Yutaro Kashiwa, Yosuke Yamatani, Hayato Yoshiyuki, Yoshiya Maeda, Nachai Limsettho, Keisuke Fujino, Hideaki Hata, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, "A Dataset of High Impact Bugs: Manually-Classified Issue Reports," In Proceedings of 12th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR 15), pages 518--521, May 2015.
[3] Yutaro Kashiwa, Hayato Yoshiyuki, Yusuke Kukita, and Masao Ohira, "A Pilot Study of Diversity in High Impact Bugs," In Proceedings of 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2014), pages 536--540, September 2014.
[4] Masao Ohira and Hayato Yoshiyuki, "A New Perspective on the Socialness in Bug Triaging: a Case Study of the Eclipse Platform Project," In Proceedings of 5th International Workshop on Social Software Engineering, pages 29--32, August 2013.
国内会議(査読付き)
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
表彰・受賞
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[2] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[3] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
[4] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
研究会・全国大会等
[1] 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, "OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695--1703, 2013年7月.
著書
[1] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, A Time-Lag Analysis for Improving Communication among Oss Developers, Springer-Verlag, 2010.