論文誌
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[2] Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, and Ken-ichi Matsumoto, "Studying Re-Opened Bugs in Open Source Software," Empirical Software Engineering, volume 18, number 5, pages 1005--1042, October 2013.
[3] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, 鵜林 尚靖, "OSSプロジェクトにおける開発者の活動量を用いたコミッター候補者予測," 電子情報通信学会論文誌, volume J95-D, number 2, pages 237--249, 2012年2月.
[4] まつ本 真佑, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, "OSSコミュニティにおけるオープンコラボレーションの理解," 情報社会学会誌, volume 3, number 2, pages 29--42, 2009年3月.
国際会議
[1] Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi, and Kenichi Matsumoto, "Early Identification of Future Committers in Open Source Software Projects," In Proceedings of the 14th International Conference on Quality Software (QSIC2014), pages 47--56, October 2014.
[2] Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Akito Monden, Masao Ohira, Jacky Wai Keung, Naoyasu Ubayashi, and Ken-ichi Matsumoto, "An Investigation on Software Bug Fix Prediction for Open Source Software Projects -A Case Study on the Eclipse Project -," In International Workshop on Software Analysis, Testing and Applications (SATA 2012), pages 112--119, December 2012.
[3] Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, and Ken-ichi Matsumoto, "Predicting Re-Opened Bugs: a Case Study on the Eclipse Project," In Proceedings of the 17th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE 2010), pages 249--258, October 2010.
[4] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, "A Time-Lag Analysis Toward Improving the Efficiency of Communications among Oss Developers," In Proceedings of The 3rd International Workshop on Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD2009), pages 49--62, November 2009.
[5] Mizuki Yamamoto, Masao Ohira, Yasutaka Kamei, Shinsuke Matsumoto, and Ken-ichi Matsumoto, "Temporal Changes of the Openness of an Oss Community: a Case Study of the Apache Http Server Community," In he Fifth International Conference on Collaboration Technologies 2009 (CollabTech 2009), pages 64--65, August 2009.
[6] Yasutaka Kamei, Shinsuke Matsumoto, Hirotaka Maeshima, Yoji Onishi, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto, "Analysis of Coordination between Developers and Users in the Apache Community," In The Fourth International Conference on Open Source Systems (OSS2008), pages 81--92, September 2008.
[7] Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto, "A Comparison Study on the Coordination between Developers and Users in Foss Communities," In Socio-Technical Congruence (STC 2008) , number CD-ROM-NO.8, pages 1--9, May 2008.
[8] Takeshi Kakimoto, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto, "Social Network Analysis on Communications for Knowledge Collaboration in Oss Communities," In Proceedings of the 2nd International Workshop on Supporting Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD2006), pages 35--41, September 2006.
国内会議(査読付き)
[1] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, アダムス ブラム, 松本 健一, "OSSプロジェクトにおけるコミッターの承認に対する動機の理解," 第21回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2014), pages 45-50, 2014年12月.
[2] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[3] 小山 貴和子, 伊原 彰紀, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, "OSS開発における情報交換の効率改善へ向けたタイムラグ分析手法の提案," 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービ スワークショップ 2009 論文集, volume 2009, number 8, pages 81--86, 2009年9月.
[4] 亀井 靖高, 大平 雅雄, まつ本 真佑, 松本 健一, "Apache コミュニティにおける開発者とユーザとのコーディネーションの分析," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008論文集, pages 183--184, 2008年9月.
[5] 前島 弘敬, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 柿元健, 大西 洋司, 大平 雅雄, 松本 健一, "コーディネータのコミュニティ媒介性の評価指標の提案," 情報処理学会シンポジウム, volume 2007, number 11, pages 71--76, 2007年11月.
表彰・受賞
[1] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2016年3月.
[2] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 669--681, 2015年2月.
[3] 柏 祐太郎, 大平 雅雄, 阿萬 裕久, 亀井 靖高, "大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集, pages 66--75, 2014年8月.
[4] 伊原 彰紀, 大平 雅雄, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム論文集, pages 297--303, 2008年7月.
[5] 伊原 彰紀, 大平 雅雄, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム論文集, pages 297--303, 2008年7月.
研究会・全国大会等
[1] 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, まつ本 真佑, 松本健一, "OSSプロジェクトにおける障害に関する情報共有の分析," 平成20年度 情報処理学会関西支部支部大会 講演論文集, number 2008, pages 69--72, 2008年10月.
[2] 伊原 彰紀, 大平 雅雄, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワー ク分析," 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム論文集, pages 297--303, 2008年7月.
[3] 伊原 彰紀, 前島 弘敬, まつ本 真佑, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, "複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティにおけるコーディネータの分析," 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービス・ワークショップ 2007 論文集, volume 2007, number 11, pages 13--18, 2007年11月.
[4] 大平 雅雄, まつ本 真佑, 前島 弘敬, 亀井 靖高, 松本 健一, "OSSコミュニティにおける共同作業プロセス理解のための中心性分析," 情報処理学会シンポジウムシリーズ, volume 2007, number 11, 情報処理学会グループウェアとネットワークサービス研究会, 2007年11月.
著書
[1] Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, and Ken-ichi Matsumoto, A Time-Lag Analysis for Improving Communication among Oss Developers, Springer-Verlag, 2010.