プラグイン

リポジトリマイニングプラグイン

・タスク担当者推薦プラグイン

タスク担当者推薦プラグインは、過去の完了したタスクの情報から、新規タスクを担当すべき開発者を推薦するプラグインです。

タスク担当者推薦プラグインを利用することによって、効率的なタスクの割当てを行うことができるため、タスクを完了するのにかかる時間を短縮することができます。

developer_recommendation1
developer_recomendation2


・タスク再割当状況可視化プラグイン

タスク再割当状況可視化プラグインは、過去のタスクの再割当情報を可視化するプラグインです。

タスク再割当状況可視化プラグインを利用することによって、効率的なタスクの割当てを行うことができるため、タスクを完了するのにかかる時間を短縮することができます。

tossing_graph1
tossing_graph2


・タスク完了時間予測プラグイン

タスク完了時間予測プラグインは、過去の完了したタスクの情報から、新規タスクが完了すると考えられる時間を予測するプラグインです。

タスク完了時間予測プラグインを利用することによって、適切なタスクの見積もりを行うことができるため、効率的なタスク管理を行うことができます。

fixtime_prediction1
fixtime_prediction2


・バグモジュール予測プラグイン

バグモジュール予測プラグインは、過去の不具合情報から、不具合が存在すると考えられるモジュールを予測するプラグインです。

バグモジュール予測プラグインを利用することによって、どのモジュールに不具合が含まれやすいのかを確認することができるため、不具合が含まれると考えられるモジュールに対して、重点的にテストを行うことなどによって、効率的なテストを行うことができます。

bugmodule_prediction1
bugmodule_prediction2


・重複コード検出プラグイン

重複コード検出プラグインは、現在開発中のソフトウェアのソースコードに含まれる重複した箇所を抽出するプラグインです。

重複コード検出プラグインを利用することによって、ソースコードに含まれる重複した箇所を把握できるため、保守性の高いソフトウェアを目指してリファクタリングを行う際などに役立てることができます。

ccd1
ccd2

 

プロアクティブマイニングプラグイン

・遅延相関検出プラグイン

遅延相関検出プラグインは、リポジトリから計測されるメトリクス間の時間のずれる関係を明らかにするプラグインです。メトリクス間の時間のずれる関係とは、事象Aが発生すると一定期間後に事象Bが発生するといった関係を指します。

遅延相関検出プラグインを利用することによって、メトリクス間の時間のずれる関係を把握し、今後プロジェクトに起こると考えられる事象を知ることができるため、ソフトウェア開発・保守の品質および生産性の向上に役立てることができます。

delay_correlation1
delay_correlation2


・変化点検出プラグイン

変化点検出プラグインは、ソフトウェア開発における開発状況の変化を早期に発見するために、変化点検出アルゴリズムに基づいてリポジトリから計測されるメトリクスの値の解析を行うプラグインです。

バグモジュール予測プラグインを利用することによって、ソフトウェア開発における開発状況の変化を早期に発見することができ、(潜在的に)重大な問題に素早く対応できるようになると期待できます。

cpd1
cpd2


・影響波及分析プラグイン

影響波及分析プラグインは、対象リポジトリに含まれるファイルを選択すると、同時に変更されたことのあるファイルおよびその確率、ファイルを修正するのにこれまでかかった時間が出力されるプラグインです。

影響波及分析プラグインを利用することによって、あるファイルを修正しようと考えている開発者は修正にかかるコストを容易に見積もることができます。

impact_analysis1
impact_analysis2