FOSE2016

日本ソフトウェア科学会主催第 23 回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2016)にて,熊本大学との共同研究の成果を発表しました.

  • ライセンス特定のためのルール自動生成を目的としたライセンス記述パターン抽出手法(東裕之輔,眞鍋雄貴(熊本大学)):採択率38%img_3818

また,以下2件のポスター発表を行いました.

  • GitHubにおけるRockstarの活動と注目度の時系列分析(築山文香,大平雅雄)
  • OSS開発者の活動期間とPolitenessの関係分析:OSS開発コミュニティの継続性の予測へ向けて(宮崎智己,大平雅雄)

優秀論文賞 (DICOMO2016)

情報処理学会主催DICOMO2016にて発表した下記の論文が優秀論文賞に選ばれました!

本論文は,OSSの持続的進化の鍵となる開発コミュニティ内のコミュニケーション様式に着目し,開発者間のコミュニケーションの質的側面を定量化可能なPoliteness分析を適用したケーススタディの結果をまとめたものです.20年以上継続して運営されているApacheプロジェクトのMLアーカイブから膨大な数のメールデータを抽出しPoliteness分析を適用した結果,プロジェクトの安定的な運営に寄与するコア開発者のコミュニケーションの様式や,プロジェクト離脱前のコア開発者のコミュニケーションの質が大きく変化することなどを明らかにしました.

@inproceedings{Miyazaki2016,
title = {OSS開発コミュニティの進化の理解を目的としたコミュニケーション分析:Politeness分析適用の試み},
author = {宮崎 智己 and 山谷 陽亮 and 東 裕之輔 and 大平 雅雄},
booktitle = {情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2016) シンポジウム論文集},
pages = {703--713},
month = {7},
year = {2016},
}

ヤングリサーチャ賞受賞

情報処理学会主催DICOMO2016にて,宮崎智己さんがヤングリサーチャ賞を受賞しました!

  • 受賞対象プレゼンテーション:OSS開発コミュニティの進化の理解を目的としたコミュニケーション分析:Politeness分析適用の試み(著者:宮崎智己,山谷陽亮,東裕之輔,大平雅雄)

表彰式の様子

DICOMO2016

情報処理学会主催DICOMO2016にて,「OSS開発コミュニティの進化の理解を目的としたコミュニケーション分析:Politeness分析適用の試み(宮崎智己,山谷陽亮,東裕之輔,大平雅雄)」に関する研究発表を行いました!

発表の様子

ICIS2016

Our paper has been published at 15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016)!!

@inproceedings{ICIS2016,
title = {A Case Study of the Misclassification of Performance Reports in an Issue Tracking System},
author = {Masao Ohira, Hayato Yoshiyuki, and Yosuke Yamatani},
booktitle = {Proceedings of 5th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2016)},
year = {2016},
}

Yamatani Yosuke