Journal Paper Accepted!

熊本大学との共同研究をまとめた論文 Hierarchical Clustering of OSS License Statements Toward Automatic Generation of License Rules (Yunosuke Higashi, Masao Ohira, Yutaro Kashiwa, Yuki Manabe)が情報処理学会論文誌 Journal of Information Processing (JIP)(予定:Vol.27)へ掲載されることが決定しました!

SES2018

情報処理学会 ソフトウェア工学研究会主催のソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 にて以下1件の招待講演と3件のポスター発表を行いました!!

招待講演

  • OSS コミュニティにおける開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析(宮崎 智己,伊原 彰紀,大平 雅雄,東 裕之輔,山谷 陽亮)

ポスター発表

  • 非機能要件の詳細な自動分類手法の構築に向けて:セキュリティ要件の分類(宮崎 智己,大平 雅雄)
  • Politeness 分析に基づくOSS開発者の活動継続性の理解(宮崎 智己,伊原 彰紀,大平 雅雄,東 裕之輔,山谷 陽亮)
  • ソフトウェアテストにおけるSilent Horrorsの分析へ向けて(吉富 楓雅,宮崎 智己,柏 祐太郎,大平 雅雄)

 

FOSE2017

日本ソフトウェア科学会主催第 24 回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2017)にて,研究発表を行いました!

  • OSS 開発における不具合修正プロセスの改善に向けたモジュールオーナー候補者推薦(柏 祐太郎, 山谷 陽亮, 大平 雅雄)
@inproceedings{fose2017kashiwa,
          title = {OSS 開発における不具合修正プロセスの改善に向けたモジュールオーナー候補者推薦},
        author = {柏 祐太郎 and 山谷 陽亮 and 大平 雅雄},
     booktitle = {第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2017)},
         pages = {165-170},
         month = {11},
          year = {2017},
}

また,以下3件のポスター発表を行いました!

    • 時系列モデルを用いた遅延相関分析の評価(蘆田誠人,大平雅雄)
    • E-mailデータマイニングに基づく適任開発者の推薦手法の検討(福井克法,大平雅雄)
    • OSSプロジェクトの進化を考慮したコミッター候補者予測モデルの構築(山崎大輝,大平雅雄)

情報処理学会論文誌採録決定

奈良先端科学技術大学院大学との共同研究をまとめた論文「OSSコミュニティにおける開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析(宮崎智己,伊原彰紀,大平雅雄,東裕之輔,山谷陽亮)」が情報処理学会論文誌(予定:59巻1号)へ採録されることが決定しました!

DICOMO2017

情報処理学会主催DICOMO2017にて,「OSS開発における長期貢献者の特徴理解のための注目度と活動期間の関係分析(福井 克法,築山 文香,大平 雅雄)」に関する研究発表を行いました.

@inproceedings{id223, 
 title = {OSS 開発における長期貢献者の特徴理解のための 注目度と活動期間の関係分析},
 author = {福井 克法 and 築山 文香 and 大平 雅雄},
 booktitle = {情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2017) シンポジウム論文集},
 pages = {1274--1284},
 month = {6},
 year = {2017},
}

焼肉パーティ

日頃研究を頑張っている自分達へのご褒美として焼肉に行ってきました。大阪で最近大人気のお店らしく店内は常時満席でした。そして肝心のお肉、それはそれはとても美味しゅうございました。。。よーし、また研究頑張るぞ!

論文奨励賞

ソフトウェア・シンポジウム2017 in 宮崎において,宮崎智己さんが発表した論文『OSS開発者の離脱要因理解のためのPolitenessの質的調査(著者:宮崎智己,大平雅雄)』が論文奨励賞を受賞しました!

本論文は,OSSプロジェクトの鍵を握るコア開発者の離脱の予兆を明らかにするために,開発者のコミュニケーションに着目し,開発者の離脱直前のPoliteness値に変動と離脱原因との関係を調査したものです.

@inproceedings{Miyazaki2017,
         title = {OSS開発者の離脱要因理解のためのPolitenessの質的調査},
        author = {宮崎 智己 and 大平 雅雄},
     booktitle = {ソフトウェア・シンポジウム2017 in 宮崎},
         pages = {75--84},
         month = {6},
          year = {2017},
}

ソフトウェア・シンポジウム2017 in 宮崎

ソフトウェア技術者協会主催のソフトウェア・シンポジウム2017 in 宮崎にて以下2件の研究発表を行いました!!

  • コードクローン変更過程における開発者のインタラクションとソフトウェア品質の関係(久木田 雄亮, 大平 雅雄)
  • OSS開発者の離脱要因理解のためのPolitenessの質的調査(宮崎 智己,大平 雅雄)