FOSE2018

日本ソフトウェア科学会主催第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2018)にて,4件のポスター発表を行いました!

  • リリースサイクルが不具合修正プロセスに及ぼす影響調査(柏 祐太郎,ブラム アダムス,伊原 彰紀,大平 雅雄)
  • ソフトウェア工学分野におけるエキスパート検索技術に関する文献調査(福井 克法,大平 雅雄)
  • コードクローンに混入した不具合の発生原因の調査:RxJavaプロジェクトを対象として(野口 耕二朗 ,大平 雅雄)
  • ソフトウェアテストの偽陰性に関するケーススタディ:Apache Derbyプロジェクトを対象として(吉富 楓雅,宮崎 智己,大平 雅雄)

[招待講演] ソフトウェアリポジトリマイニングの研究動向とソフトウェア工学におけるAI技術の活用

Journal Paper Accepted!

熊本大学との共同研究をまとめた論文 Hierarchical Clustering of OSS License Statements Toward Automatic Generation of License Rules (Yunosuke Higashi, Masao Ohira, Yutaro Kashiwa, Yuki Manabe)が情報処理学会論文誌 Journal of Information Processing (JIP)(予定:Vol.27)へ掲載されることが決定しました!

SES2018

情報処理学会 ソフトウェア工学研究会主催のソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 にて以下1件の招待講演と3件のポスター発表を行いました!!

招待講演

  • OSS コミュニティにおける開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析(宮崎 智己,伊原 彰紀,大平 雅雄,東 裕之輔,山谷 陽亮)

ポスター発表

  • 非機能要件の詳細な自動分類手法の構築に向けて:セキュリティ要件の分類(宮崎 智己,大平 雅雄)
  • Politeness 分析に基づくOSS開発者の活動継続性の理解(宮崎 智己,伊原 彰紀,大平 雅雄,東 裕之輔,山谷 陽亮)
  • ソフトウェアテストにおけるSilent Horrorsの分析へ向けて(吉富 楓雅,宮崎 智己,柏 祐太郎,大平 雅雄)

 

SIGSS 2018

ソフトウェアサイエンス研究会主催のSIGSS 2018 in 帯広にて研究発表を行いました!!

開発者の活動量の経時的変化がコミッター候補者予測に与える影響の分析(山崎 大輝,大平 雅雄,伊原 彰紀,柏 祐太郎,宮崎 智己)

Open Campus

和歌山大学のオープンキャンパスにて、ネットワーク情報学メジャーおよび研究室の紹介を行いました!!
これを機会に、興味を持ってくれたら嬉しいです。
来てくれた皆さん、春に大学で会えるのを楽しみにしています!

FOSE2017

日本ソフトウェア科学会主催第 24 回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2017)にて,研究発表を行いました!

  • OSS 開発における不具合修正プロセスの改善に向けたモジュールオーナー候補者推薦(柏 祐太郎, 山谷 陽亮, 大平 雅雄)
@inproceedings{fose2017kashiwa,
          title = {OSS 開発における不具合修正プロセスの改善に向けたモジュールオーナー候補者推薦},
        author = {柏 祐太郎 and 山谷 陽亮 and 大平 雅雄},
     booktitle = {第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2017)},
         pages = {165-170},
         month = {11},
          year = {2017},
}

また,以下3件のポスター発表を行いました!

    • 時系列モデルを用いた遅延相関分析の評価(蘆田誠人,大平雅雄)
    • E-mailデータマイニングに基づく適任開発者の推薦手法の検討(福井克法,大平雅雄)
    • OSSプロジェクトの進化を考慮したコミッター候補者予測モデルの構築(山崎大輝,大平雅雄)

情報処理学会論文誌採録決定

奈良先端科学技術大学院大学との共同研究をまとめた論文「OSSコミュニティにおける開発者の活動継続性を理解するためのPoliteness分析(宮崎智己,伊原彰紀,大平雅雄,東裕之輔,山谷陽亮)」が情報処理学会論文誌(予定:59巻1号)へ採録されることが決定しました!