ソフトウェア・シンポジウム 2016 in 米子

ソフトウェア技術者協会主催ソフトウェア・シンポジウム 2016 in 米子にて、山谷陽亮さんが研究発表を行いました!

  • 松野 祐介, 山谷 陽亮, 大平 雅雄, “重大不具合に対するOSS開発者の認識調査,” ソフトウェア・シンポジウム2016 in 米子, pp.11-20, 2016年6月.

情報処理学会2015年度論文賞を受賞!

柏祐太郎さん(平成26年度卒業生),大平准教授らの論文(題目:大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法,著者:柏祐太郎,大平雅雄,阿萬裕久,亀井靖高)が情報処理学会2015年度論文賞を受賞しました!

本賞は,情報処理学会創立10周年を記念して昭和45年に創設されたもので,機関誌に発表された論文のうち特に優秀な著者に授与されるものです.2015年度は対象論文458編のうち7編のみに与えられました.

本論文は,愛媛大学と九州大学との共同研究の成果を取りまとめたものです.大規模ソフトウェア開発における不具合修正時間の短縮化を目的として,0-1 整数計画法に基づいてタスクの割り当てを最適化するバグトリアージ手法を提案しています.提案手法の独自性と大規模OSSプロジェクトから取得したデータを用いたシミュレーション結果が高く評価されました.

@inproceedings{IPSJ_Best_Paper_Award_2015,
title = {大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法},
author = {柏 祐太郎 and 大平 雅雄 and 阿萬 裕久 and 亀井 靖高},
journal = {情報処理学会論文誌},
volume = {56},
number = {2},
pages = {669-681},
month = {2},
year = {2015},
note = {情報処理学会2015年度論文賞}
}

優秀学生賞

新4年生の上西達也さんが本学システム工学部のStudent of Academic Excellence(優秀学生賞)として表彰されました!

1459921904819

第191回ソフトウェア工学研究発表会

情報処理学会第191回ソフトウェア工学研究発表会にて、以下2件の研究発表を行いました!

  • High Impact Bugが不具合修正時間予測に与える影響の評価:OSSプロジェクトを対象としたケーススタディ(吉行勇人、大平雅雄)
  • モジュールごとの活動量を考慮したモジュールオーナー候補者予測:大規模OSSプロジェクトへの適用(山谷陽亮、大平雅雄)


IWESEP2016

Our paper has been published at The 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016)!!

@inproceedings{Higashi_IWESEP2016,
title = {Clustering {OSS} License Statements Toward Automatic Generation of License Rules},
author = {Yunosuke Higashi and Yuki Manabe and Masao Ohira},
booktitle = {Proceedings of the 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016)},
month = {3},
year = {2016},
}

IWESEP2016

情報処理学会 山下記念研究賞受賞!

1期生の柏祐太郎さんがSES2014で行った研究発表(題目:大規模OSS開発における不具合修正時間の短縮化を目的としたバグトリアージ手法,著者:柏祐太郎,大平雅雄,阿萬裕久,亀井靖高)が,情報処理学会2015年度(平成27年度)山下記念研究賞に選ばれました.

山下記念研究賞は,情報処理学会の研究会および研究会主催シンポジウムにおける研究発表のうちから特に優秀な論文を選び,その発表者に贈られるものです.写真は3月10日に行われた授賞式の様子です.受賞理由はこちら

image1

解説記事「オープンソースソフトウェア工学」

ソフトウェア科学会学会誌「コンピュータソフトウェア」に,伊原彰紀先生(奈良先端大)と大平准教授による解説記事「オープンソースソフトウェア工学」が掲載されました!

@article{Ihara_Ohira_2016,
         title = {オープンソースソフトウェア工学},
        author = {伊原 彰紀 and 大平 雅雄},
       journal = {コンピュータソフトウェア},
        volume = {33},
        number = {1},
         pages = {28--40},
         month = {1},
          year = {2016},
}

開発データマイニングのススメ:「見える化」の次のステップ

独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター主催セミナー「定量的なプロジェクト管理・プログラム管理のススメ ~見える化による生産性・信頼性の向上~」において行われた大平准教授の講演「開発データマイニングのススメ:「見える化」の次のステップ」の資料が公開されました.